ファクタリングの選び方のポイント

ファクタリングの選び方として最も重要なものが金利です。金利は資金調達のコストですから、もちろん低い方が良いです。例えば、金利が6%の場合と12%の場合とを比較すると、同じ条件でファクタリングを利用した場合、支払う利息の金額は12%が6%の倍になります。ですから、金利の低い方を選ぶというのが、選び方の最も基本的な方法だと言えるでしょう。ファクタリングの会社を選ぶ際はこのサイトで詳しく解説しております。

金融機関によっては、手数料などが別に請求されることもありますが、この場合には手数料も含めて金利を計算し直すと良いです。手数料としては審査料や事務手数料などの名称になっていることが多いです。名称がどのようになっているのかはそれぞれで異なりますが、その合計で考えて金利に換算する必要はあるでしょう。そして、その上で金利が低いものを選ぶと良いです。

また、具体的にどれくらいの利息になるのかを把握しておくことが必要でしょう。例えば、金利が6%の場合、100万円の売掛金があって、その回収が30日後であったとしましょう。この場合、計算式は、100万円×0.06÷365×30=4,931円となります。これくらいならコストとして支払っても良いと思うのか、高すぎると思うのかはそれぞれの判断ですが、それが妥当なのかどうかをそれぞれでよく考えておくことは必要です。

ファクタリング審査のポイント

ファクタリングとは、売掛債権の買取のことを言います。
債権の譲渡者は、これを売却することにより、支払期日を待たずして、資金を手にすることができますので、資金繰りの改善に効果があります。
買取会社は、買取に際し、一定の手数料を受け取ることになります。
ただし、買取会社は買い取り代金を譲渡者に支払う必要がありますので、手数料を差し引いた金額を支払うことになります。
買取会社が買い取った債権は、期日に債務者から買取会社に支払われることになります。
仮に、債務者が債務不履行となった場合、買取会社自らがこの債権回収をすることになり、基本的に債権の譲渡者に支払い義務はありません。
ファクタリング会社は債権を買い取るにあたり、必要な審査をすることになります。
まず、当然のことですが、買取の対象となる債権が存在することを確認する必要があります。
次に、買い取り債権の信用状況を確認します。
買い取った債権が履行されないとなると、回収に多大な労力がかかりますし、最悪回収不能ということになります。
したがって、買い取り対象債権の債務者が債務を確実に履行する体力があるのかということを審査されることになりますので、債務者の信用力が低い場合には、ファクタリングを拒絶されることもあります。ファクタリングの資金調達方法はこちらのサイトで詳しく紹介していますので参考にしてください。

ファクタリングとは手形を買取ってくれるサービス

ファクタリングとは約束手形などの手形を買取ってくれるサービスを指します。商品の販売などにおける決済を手形で行った場合、その手形を受け取ることができるのが少し先になることがあります。例えば3ヶ月後に受け取ることができる場合、3ヶ月間は現金を手に入れることができないわけです。会計上は手形を資産として計上できますから赤字ではないとしても、従業員に給料を支払わなければならなかったり、仕入れの代金を支払わなければならなかったりすることがあると、手形ではどうしようもありません。ファクタリングとはこのようなときのためのサービスだと言えるでしょう。

つまり、手形を買取ってもらうことになります。厳密に言えば手形を担保として融資を受けることになります。ですから利息を支払わなければなりません。一般的な融資と異なる点は、その利息を最初に支払うことです。最初に支払いますから、額面で受け取ることのできる金額よりも安い金額を受け取ることになります。ファクタリングとは、このように手形を割り引いて買取ってもらうサービスを指します。日本語では手形割引と言われることもあり、貸金業者などの金融機関がファクタリングのサービスを提供しています。

運営資金を借入する方法

自営業者の方は、金融機関で運営資金を借入しなければならない時があります。その方法ですが、事業者ローンを検討される場合がほとんどだと言えます。
100万円ほどの金額であれば、キャッシングを利用する方法がありますが、それ以上の多額な金額が必要な場合は、事業者ローンを組む必要があります。この場合、金額が大きくなるため連帯保証人が必要になります。基本的に、配偶者以外で正社員として数年お勤めされていれば、どなたでも連帯保証人になっていただくことができますが、自分の会社にお勤めの従業員は対象外となります。しかし、他の自営業を営まれている社長さんであれば問題ありません。
連帯保証人は、保証人とは違い支払いをする義務が生じるため、審査内容も厳しくなります。そのため、多重債務者だとお断りさせていただくことになりますし、申込み金額によりますが、年収が少ない場合もお断りになる可能性があります。
しかし、連帯保証人の方が見つかり、必要書類が用意でき、在籍確認などもとれれば、契約出来る可能性が高くなります。必要書類ですが、運転免許証か健康保険証、確定申告書、損益計算書、そして取引先との明細書などです。確定申告の場合、ゼロ申告やマイナス申告をされている方もいらっしゃいますが、申告をしていればあまり問題視されません。
このように、自営業者が運営資金を借入するには、事業者ローンが一般的な方法だと言えます。運営資金の借り入れ方法について詳しくはこちらをご覧ください。